“全問正解”を目指さない。クイズ番組ではありません。

「社会保険労務士」に限らず、行政書士やファイナンシャルプランナーなど、こと資格に関する試験では、その内容を知っておくと断然有利になります。例えば、私が合格した資格であり、このサイトを見ているみなさんが目指している資格である「社会保険労務士」の場合、出題科目や出題数は? というのは以下の通りです。

科  目

出題数

選択式

択一式

労働基準法および労働安全衛生法

1問

10問

労働者災害補償保険法

3科目で
2問

7問

雇用保険法

7問

労働保険の保険料の徴収等に関する法律

6問

労務管理その他の労働に関する一般常識

1問

5問

社会保険に関する一般常識

1問

5問

健康保険法

1問

10問

厚生年金保険法

1問

10問

国民年金法

1問

10問

合 計

8問

70問

これだけの問題に対して与えられる時間は、選択式が計80分、択一式が計3時間30分。このデータだけではピンとこないかもしれませんが、試しに参考書を手に取って見てください。表組みに記載された法律のことを理解するだけも並大抵のことはないのがわかります。専門的な知識を正確に覚え、そして、試験本番で間違えなることなく解答しなければならないのです。
何気なく「社会保険労務士」という資格を知り、最初は気楽な気持ちで準備を進めましたが、途端にプレッシャーが大きくなりました。逃げ出したくなるような気持ちにもなりましたが、そんな私を支えてくれたのが「フォーサイト」だったのです。資料を取り寄せ、「社会保険労務士」はもちろん、「フォーサイト」という通信講座のことを改めて知るうちにさまざまなことに気づかされました。勉強を始める前から諦めるのはおかしなこと。ここからは「フォーサイト」で得た“自信の源”を紹介していきます。

次のページへ >>


>>必要最低限の学習で資格を取得するノウハウがつまった教材<<