「社会保険労務士」になる。「フォーサイト」を知る。

「社会保険労務士」というのは、どんな仕事をするのでしょうか? “社会保険を取り扱う仕事?”……間違いではありませんが、社会保険にまつわることだけが仕事ではなく、もっと広範な業務を請け負います。大きく分けると以下の(「1~3号業務」と呼ばれる)3つが主な内容になります。
◎「1号業務」は主に手続業務:労働基準法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、労働保険の保険料の徴収等に関する法律、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法などの労働および社会保険に関する諸法令に基づく手続業務。

  • (ア)公共職業安定所などの行政機関に提出する書類の作成や事務手続(提出代行事務代行)
  • (イ)労働保険や社会保険の加入や脱退の手続き、保険給付の請求の手続き、各種助成金の請求の手続きなど。

◎「2号業務」は主に帳簿書類の作成:労働社会保険諸法令に基づき帳簿書類(第 1号業務に掲げる書類を除く)の作成。

  • (ア)企業に作成が義務づけられている諸規程、帳簿などの書類の作成やその届出など。
  • (イ)就業規則の作成、届出や労働者名簿の作成など。

◎「3号業務」は コンサルティング:企業における労務管理その他、労働に関する事項や労働社会保険諸法令に基づいた社会保険等々について相談・指導する。

  • (ア)労務問題や保険事項についての相談や指導。
  • (イ)人事・賃金制度の設計、雇用管理に関する指導、高齢者雇用に関する相談、年金相談など。

上記以外に、「特定社会保険労務士」に限り行える業務があります。それは、「都道府県労働局(紛争調整委員会)が行うあっせんの手続きの代理、調停の手続きの代理など」。※ただ、ここでは詳述を避けますのでご了承ください。
さて、これだけ読んでも「社会保険労務士」の仕事がわかった! とはならないでしょうが、“独立開業型の国家資格”だと意識してください。資格取得はそう簡単ではありませんが、私の体験談を織り交ぜながら“どうやって「社会保険労務士に受かったのか”をご紹介します。先に種明かしをすると、通信教育の「フォーサイト」と出合ったこと、これに尽きますね(笑)

次のページへ >>


>>必要最低限の学習で資格を取得するノウハウがつまった教材<<